Web Camera Server(ウェブカメラサーバ)

簡単、遠隔操作遠くのご家族の様子、店舗、

工場、学校、幼稚園などの様子を見ることが出来ます

VP-500 
インターネット回線を使って、いつでも24時間

どこでも場所を問わず、 4台までのカメラと4台までのマイクが、

あなたの目となり耳となり、 ご家族、お店の安心、安全をお届けします!!

30フレーム/秒(30fps)に対応。
録画機能も内臓(40GBハードディスク)
Webブラウザ(Internet Explorer,Netscape Navigator)で
見ることができます。

こちらからライブ映像を見ることができます。

 ライブ映像が映らないときは、「Live Video ActiveX Not Found」というメッセージが出て、

 ActiveXをダウンロードして、インストールするよう要求して来ます。その時は、
 「DOWNLOAD LVSETUP.EXE」をクリックして、デスクトップ画面等に保存してインストール
 して下さい。インストール作業画面は英語ですが、次へ、次へクリックしていけば、簡単に
 インストールできます。インストールできたらライブ映像画面上の「戻る」をクリックすれば
 見れるようになります。

■ VP-500の特徴と機能 ■
1.
1秒間に最大30 フレームの高速 リアルタイム映像
 ※30fpsは、あくまでサーバーの性能です。実際に30fps出るかどうかは、通信環境に
   大きく左右されます。ADSL、光ファイバー 以上を推奨します。   
2.
両方の音声までも伝える    
3.
インターネット で カメラ の リモート コントロールができます。 
4.
インターネット で マルチユーザーのリアルタイム映像を 見ることができます。
5.
映像の動画と音声の保存と再生が可能です
6.

Webサーバーを内臓し.カメラ映像をインターネットで パソコンに映像配信。
あなたのホームページでライブ映像を見せることも出来ます。

7.
設定は Web ブラウザ やRS232 から 簡単に行えます。    
8.
ブラウザ(Internet Explorer, Netscape Nabigator)でも見ることができます。
9.
外部入出力ターミナル装備
10.
画像の色相、コントラスト、彩度、明るさの調整機能    
11.
モニタに4分割表示が可能  

ご利用方法はいろいろ!
 1. 学校、幼稚園、託児所などのモニタリングシステムとして
 2. オフィス内の状況監視と社員退出後の防犯システムに
 3. ホームセキュリティシステムに
 4. 病院、託児所、育児室の看護システムとして
 5. 工場などの機械監視や工程進捗の管理、監督システム
 6. ホテル内の状況監視によるお客様へのサービス向上に
 7. 倉庫など人のいない場所の監視システムに
 8. お年寄りの介護システムとして
 9. 動物病院、ペットホテルの映像配信サービスとして
10. ホームページでライブ映像を配信!



■ VP-500システム設定の流れ■
1. インターネット接続契約(ISDN、ADSLなど)

本機はインターネット回線を利用して遠隔監視が可能なサーバです。
本機を使用するにあたり、プロバイダーとのインターネット接続契約が
必要になります。 
ISDN、ADSL、CATV、光ファイバー接続、 いずれでも使用可能です。

2. 固定IPアドレス取得契約


本機を使用するにはインターネット接続契約のほかに 固定IPアドレス
が 必要になります。従ってプロバイダーは、固定IPアドレスサービスを
行なっているプロバイダーと契約する必要があります。
インターネット接続が開通した後、VP-500、カメラ等を設置する際に
インターネットでプロバイダーに固定IPアドレスの申し込みを行ないます。

※固定IPアドレス
IPアドレスとは簡単に言えば、インターネット上のサーバの住所(位置、
場所を示す)です。 通常、インターネットサービスプロバイダーより割り当て
られるIPアドレスは、接続時にその都度割り当てられるので、常に違ったIP
アドレスを使っていることになります。これを動的IPアドレスと言います。
ライブ映像を見るためには固定したIPアドレス をサーバに割り当てる
必要があります。

Biglobeなどのプロバイダーで固定IPアドレス取得サービスを行なって
います。  これらのプロバイダーをご利用ください。

各プロバイダー固定IPオプションサービス料金 (平成14年1月現在)

プロバイダー 初期費用 月額 URL
Biglobe
\8,000
\3,500
OCN
\2,800
\6,800
Starcat
 \500
\1,000

※各社それぞれの条件がありますので、 詳しくは各社のホーム
  ページをお読み ください。

3. カメラ及び本機(VP-500)の設置・接続


【ADSLの場合の接続方法】
 電話モジュラージャック→ADSLモデム→本機→カメラ(4台まで)

4. 固定IPアドレスの設定及びソフトのインストール

LANで運用する場合、ルータに固定IPアドレスを設定します。
次に 本機とパソコンを接続し、本機にプライベートIPアドレスの設定を行ないます。
アナログ回線、ISDNで使用する場合は、専用ソフトをインストールします。

5. 遠隔地にある監視用パソコンで見る
  Internet Explorerを起動、固定IPアドレスを入力、Enter。 ログインID、パスワードを
入力すると、映像が映ります。



■ VP-500のスペック ■
映像(ビデオ)入力/出力
ビデオ入力×4
音声入出力 入力(マイク)X4、出力X4
圧縮方式 H.263、JPEG、M-JPEGフォーマット対応
解像度 イメージサイズ: 320x240 24bit カラー
パフォーマンス
30フレーム/秒(最大)
ハードウェア

32bits CPU, 128MB DRAM, 8MB Flash-ROM
RS-232シリアルポート×1
RS-232/422/485シリアルポート×1
100Base-T イーサネット ポート×1
フロントパネルに 16 bit LCD
リモートコントロール用IrDAポート X 1
VGAポート X 1
40GB HDD X 1

接続コネクタ 100Base-TX イーサネット ポート×1
ビデオ入力 RCA ピンジャク X 4
ビデオ出力 DB−9 ポート×1
16 ピン デジタル端子台 x 1
対応 ブラウザ Microsoft IE 4.0/Netscape Communicator 4.0 以降
対応プロトコル TCP/IP, HTTP、FTP Connector
電源 100-240VAC 50-60HZ
外形寸法 / 重量 381mm (W) x 302mm (D) x88mm (H) / 4.5kgs



[システム構築例]

1.システム構築に必要な機材、インフラ

 送信側  Web Camera Server(ウェブカメラサーバ)、カメラ、

        ケーブル、インターネット接続に関するプロバイダーとの契約及び

       固定IPアドレスの取得契約

 受信側 遠隔操作用パソコン、監視システムソフトのインストール 

2.システムモデルプラン(カメラ4台設置の場合)

 Web Camera Server VP-500       \498,000 

 カメラ Q1N32111 \30,800 x 4台 = \123,200 

                合  計    \621,200(消費税別途)

※上記以外の費用として、毎月の費用としてインターネット接続料、
  
電話料、及び固定IPアドレスの料金がかかります。

※インターネット接続設定、固定IPアドレスの設定、配線工事等は、
  オプションとなります。 ご希望される場合は、別途
お見積もり致します。 

※カメラにつきましては、取り付ける場所、条件(昼間のみの
  監視か、昼夜24時間監視か)等によってさまざ まな種類が
  ございます。カメラのページをご覧ください。


ご注文はこちらから お見積もり・お問合せ トップに戻る